福山銘菓
仙酔
福山市の西南端に位置する鞆の浦。
向かい合う美しい島は昔むかし、うららかな春の日に仙人が立ち寄り、その風光明媚な風景に酔ったという伝説を残し、「仙酔島」と名付けられました。
その美しい姿は、春夏秋冬麗しい姿を海に映しています。

仙酔島の麗姿をかたどった「仙酔」は、栗がまるっと一粒、2種類のあんで包み込んだ焼きまんじゅうです。
あんは手亡あん(白あん)、上質な漉しあんを使用しています。
手亡あんは見た目にも、そして味わいも優しく。
漉しあんは美しい赤紫がかった茶色で、すっきりとした甘さがとても上品です。

○商品情報
4個入 734円(税込)
8個入 1684円(税込)
12個入 2484円(税込)